ヘルスケアのアイコン

その悩みセルフケアで解消しよう!~かぜの症状別対策~



■Aが多かった人は「鼻腔の炎症」
鼻から入ってきたウイルスに、鼻の粘膜が感染して炎症を起こします。炎症やアレルギー症状を抑え、くしゃみや鼻水に効く薬が効果的。


■Bが多かった人は「咽頭・喉頭の炎症」
のどの粘膜で炎症がおこるとのどが腫れ、せきやたんでウイルスを外へ出そうとします。炎症を抑える成分を配合した薬や、たんを出しやすくする成分を配合した薬が効果的。


■Cが多かった人は「免疫の働きが活性化」
ウイルスに対抗するため体温をあげるべく筋肉をふるわせ、その熱が体にこもるため発熱します。この発熱は細菌やウイルスを撃退している証です。症状やつらさに応じて解熱薬を使いましょう。


かぜはウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすためこれらの症状を引き起こします。
かぜのウイルスを直接撃退できるのは自分自身の持つ免疫力とされています。症状を少しでも軽くするために、症状に合った市販薬や自分に合った対策を取り入れ、早めに対処しましょう!

※全ての原因が上記とは限りません。


●鼻水・鼻づまりの対処法
かぜのときの鼻水には、かぜのウイルスが混ざっています。奥にすすらずに、かんで出すようにしましょう。
ただし、無理にかむと鼻や耳を痛めてしまいます。片方ずつ・少しずつかみましょう。
鼻づまりのときは、蒸しタオルなどで鼻を温めると鼻孔が広がり、少しらくになります。


●のどの不調の対処法
直接のどを殺菌してくれるうがい薬や、炎症を抑えてくれるトローチやのどスプレーを使うのがおすすめです。
また、ウイルスは乾燥している環境で活発になります。加湿器やマスクを活用して、のどの保湿ケアをしましょう。


●熱の対処法
発熱は体がウイルスと闘っている証拠。熱の出始めからピークまではむやみに体温を下げようとせず、ビタミンCを補給しながら温かくしてやすみましょう。
熱でつらいときは無理せず解熱剤を服用しましょう。
熱が下がり始めたら、こまめに水分補給しながら安静に休みましょう。汗をかくので、こまめに着替えるなどして体を冷やさないようにしましょう。
かぜ薬には、症状別に選べるものもあります。ご自身の症状に合わせたかぜ薬を選びましょう。


●手洗い・うがい
手は流水と石けんを使い、しっかりと時間をかけて洗いましょう。
清潔なタオルで拭きとることも大切です。うがいにはカテキンが含まれている緑茶や番茶などが効果的と言われています。


●加湿
空気が乾燥するとウイルスが空気中に漂う時間が長くなり、感染リスクが高まります。
加湿器がない場合は濡れタオルなどを干すと効果的です。


●血行改善
健康状態を決める最も基本的な要素の一つが血行。運動や入浴などで血行を良くし体を温めることで、免疫力を高め、ウイルスに対する抵抗力が強まります。


●流行期にはマスクをする
マスクをすることでウイルスの侵入を最小限に防ぐとともに、口の中の湿度を保ち、侵入してきたウイルスを生き残りづらくさせることが期待できます。


※熱が39度を超える、せきやたんがひどく・長く続くなど、症状が重い場合は医療機関で受診しましょう。
※薬を服用する場合、他の病気で治療中の方はかかりつけの医師や薬剤師・登録販売者に相談しましょう。
トップに戻る