ヘルスケアのアイコン

その悩みセルフケアで解消しよう!~セルフメディケーション~



セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)とは?
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)は、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日以降に、
スイッチOTC医薬品(※)を購入した際に、確定申告を行うことによりその購入費用について所得控除を受けることができるものです。
※要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用からOTC医薬品に転用された医薬品


1年間(1/1~12/31)に世帯(自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族)で購入した制度の対象となるOTC医薬品購入合計額が税込12,000円を超える場合、その超える部分の金額(その金額が88,000円を超える場合には、上限88,000円)について、その年分の総所得金額等から控除を受けることができます。


●制度の対象になる人は?
本制度は、健康の維持増進及び疾患の予防への取組として一定の取組(※)を行う個人が対象と定められていますので
※①特定健康診査②予防接種③定期健康診断④健康診査⑤がん検診のいずれかを受けている人が対象です。
【注意】
「健康の維持増進や疾病の予防を行っている人」ということです。スイッチOTC薬を買えばOK!というわけではないので注意が必要です。年内に受けた予防接種や健康診断を証明できる書類も用意しておきましょう。


●確定申告はどのようにすればいいの?
※ご本人様の確定申告が必要になります。
確定申告をしたことがない方も多いと思いますが、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」などを利用して、ご自宅のパソコン等で申告書を作成することができます。
【注意】
従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を同時に利用することはできません。対象者様ご自身で利用する制度をお選び下さい。



●スイッチOTC医薬品とは?
スイッチOTC医薬品とは、医師によって処方される医療用医薬品から、ドラッグストアや薬局で購入できるスイッチOTC薬に転用された医薬品です。
この「スイッチOTC医薬品」がセルフメディケーション税制の控除対象商品なのです。


●そもそもスイッチOTC医薬品とは?
Over The Counterの略語で、医師の処方箋がなくても、ドラッグスストアや薬局で直接購入できる医薬品のことです。
トップに戻る